スクブロ

U15 TM vsFC VIDA

0

    スコア 0-4  [前半0-2  後半0-2]

     

    試合前のミーティング、

    今日は普段一緒にやらない二年生も数名いるという事で戦術的なテーマより

    ここ最近一番気になっていて、そして、スポーツ、勝負、サッカーをやる上で一番大切な、

           

            

                『 闘 う 気 持 ち 』

     

     

    つまり、1対1で目の前の相手に負けない。

    ゴールへの意欲。

    泥臭さであったりきつくても走る。という事を今日のテーマにあげた。

    さらに、一人一人に個人のテーマを持ってもらった。

    これもまた、自分もいまサッカーをやるうえで毎試合個人のテーマを持って試合にのぞんでいる。

    それだけで、試合中なにも考えていなかった時間に ふと、テーマを思い出してそのテーマを成功させる為に

    どうしたらいいかとか『イメージ』を沸かせる事ができると思う!

    このイメージもまた、大事だと思っていて、

    一つのパスやシュートもまずはイメージがないと適当になったりしてしまうし、感覚てきな話なのかもだけど。

    このイメージがわかない選手はミスを恐れずにいろんなプレーに挑戦して自分のアイディアや選択肢のはばを広げて欲しい!

    そうやって自分のサッカーを開拓して行こう!!

     

    試合は、前半自分たちのパスミスから後ろを向いた守備の時間がながかったね。

    そして、予測、準備をもっと早くすればいい状況から守備ができたりインターセプトも狙えると思う!

    前半一番気になったのがこの一つの試合絶対勝ってやろうという気持ちのやつが一人か二人しかいなかったと思う。

    声もないし闘う姿勢が見られなかったのが残念。

    前半残り数分この空気を変えてくれるのはユウトしかいないと思ってハルト→ユウトをいれた。

    この数分だがユウトはしっかり自分の役目を果たしてくれた。球際であったり声でチームを鼓舞してくれた。

     

    ハーフタイムには、気持ちの部分を再確認し送り出した。

     

    後半、目の前のボールに対する熱意が前半よりは感じられた。

    相手のシュートにたいして掻き出そうとするワタル、1対1での強い気持ちが見られたレオ、イブキ

    アキラ、リュウゴの両サイドの突破を起点ににゴールへの意識は、チームとしてあってゴール前に枚数もいた。

    あとは、落ち着いてシュートを打てるとゴールも生まれたと思う。

    リョウタロウは、最終ライン唯一の三年だったが後半のように声をだしたりルーズボールに強気で行く姿勢も見られてよかった!

    オノダとカズはもっといい状況でボールを受けてミスを恐れずにボールが入った時縦に仕掛けて欲しかった。

    前目のミスは守備が効くからどんどん挑戦しよう!

    ユウジンは綺麗にサッカーをしたいのかもだけどもっともっと球際であったりスライディングしてでもボール奪ったりできると思う。

    キック力もあるしロングシュートとかあるとよかったね!

    トシキは途中からだったけどそのまえに入ったユウトみたくもっとカンフル剤になって欲しかった。

    あとFWだからもっともっと貪欲にゴールを狙って欲しかったかな。

     

    チームとして後半くらいの気持ちをベースにまずは練習から取り組んでいこう。

    二年生は想像以上のパフォーマンスで正直ビックリした、また一緒に戦おう!

    三年生、勝ち対気持ちを絶対忘れないで努力し続け勝利を掴もう!

     

     

     

     

     

     

     


    1

    ABOUT SCUDETTO


    GROUND


    #調布市立染地小学校


    #狛江市西和泉グラウンド



    CONTACT

    SCUDETTO OFFICE

    080-4111-8473

    info@scudetto1996.com

    事務局:橋口







    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • U11/5/28(日)狛江春季大会 予選L
      匿名
    • U11/5/28(日)狛江春季大会 予選L
      ハシグチ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM