スクブロ

[U14]vs 両国FC 総評

0

    U14選手権 第2節 vs 両国FC

    1-2 ●

    得点者:曽田

     


    選手交代

    仲田→杉浦

    伊東→曽田

    安東→溝口

    野田→金子

    松村→長谷川

     

     

     

    「スタート地点」

     

     

     

    試合開始序盤、相手チームはセーフティにプレーをしていて、前線に長いボールを入れてくるシーンが多かった。


    普段なかなかそういった経験も少なかったせいもあったか、跳ね返すのに苦労していたり、こぼれたボールを拾えずに相手ボールになってしまうこともあったが、その後うまく修正しようと心がけていて、ファーストディフェンダーのプレッシャーからボールを奪うまでの意識が非常に高く、うちがしっかり意図をもってボールを奪うことが出来ていた。
    (ただ、ハイボールにかぶってしまったり、カバーリングのきくポジショニングをとれていないところから、ピンチを招くシーンは何度かあったよね。)

     

    攻撃に関しても、やるべきことがはっきりされていて、ハルトは相手のディフェンスラインと中盤の間でうまくボールを引き出せていたし、ユウジンはうまくサイドチェンジを使いながらゲームを作ろうとしていたと思う。


    ユズからサイドハーフやフォワードへ縦パスやオーバーラップも非常に効いていていい攻撃もたくさん見られた。


    カンタ、ハルキ、リュウセイは前線での守備で非常にいい役目を果たしていて、例えボールを奪えなくても相手の体勢を崩したり、思うように蹴らせないようにしてくれていて、後ろの選手たちにとっても助かっていただろうし、その頑張りによって、みんなも「おれもやらなきゃ!」という気持ちを伝えられたんじゃないかな。


    サトシのプレーもすごく安定していて、しっかりと攻撃につなげられるキックの精度も素晴らしかった。一つの武器として今後も攻撃にうまく繋げられるといいよね。


    今回のような拮抗した試合展開の中でしっかりと勝ち切ることが出来る《強さ》がまだまだ足りていないことがはっきりした。

     

    ゴール前で泥臭くてもシュートを打ち切る姿勢や攻撃の意識、守備の部分でいえば1点を守るためにどれだけゴール前で体を張って粘り強くディフェンスできるか。

     

    ときには激しくいかなきゃいけない場面もあるし、うまく方向限定しながら我慢して相手が仕掛けてきたところで体を入れにいく場合もある。

     

    相手のボールの持ち方や周りの状況でそういったゴール前でもしっかりと防げる《強さ》をこれから培っていけるようにしていこう。

     

     

    SCUDETTO 森


    コメント
    コメントする








       

    ABOUT SCUDETTO


    GROUND


    #調布市立染地小学校


    #狛江市西和泉グラウンド



    CONTACT

    SCUDETTO OFFICE

    080-4111-8473

    info@scudetto1996.com

    事務局:橋口







    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • U11/5/28(日)狛江春季大会 予選L
      匿名
    • U11/5/28(日)狛江春季大会 予選L
      ハシグチ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM