スクブロ

U11/6/11(日)多摩WJ 1次リーグ1位通過

0

    多摩ワールドジュニア

    サッカーフェスティバル

    U-11 1次リーグ

    --------------

    大空SC戦

    ○1-0

    --------------

    賢吾1

     

    大空SCさんは、足元の技術が高く、2・3人の能力の高い選手もいて、最後まで気が抜けない試合になった。ただ、前日の反省が生かされ、最初からしっかり戦うことが出来て、勝ち切ることができた。

    JA杯に向けて、こういった戦い方ができた経験値は大きいと感じた。

     

    --------------

    清水北SC

    ○3-0

    --------------

    楓士2 舜1

     

    前の試合で、清水北SCさんを観ていて、「なかなか強いぞ」とみんなが感じたからか、、、

    試合のスタート時から、集中していて、シュートを何度も狙っていった。そして、ゴールバーにも何回も当たった。その勢いは、ここ何試合かの中で、最も高いものだった。

     

    交代で出場した選手も、みんな本気モードでディフェンスをしていた。素晴らしかった。

    交代枠をフルに使い、16人で戦い、無失点の勝利。

    らくとの視野の広さは、苦しい場面を何度も救っていた!

     

    泰成の気持ちの入ったボールの奪い合い!

     

    ナイスなポジショニングで、攻守のリズムをつくっていた陽哉!

     

     

    そして、この試合により、多摩ワールドジュニアの1次予選を1位通過することが出来た。

     

    おめでとう!

    次もこの試合を忘れずにいこう!

     

    本日もたくさんの応援をありがとうございました。

    少し、たくましくなった選手たちを感じていただけたのでは、と思います。

     

    これからも練習を大切に、次の試合へ向けて頑張ります!

     

     

    84

     

    おまけです。かわいい(笑)

     

     

     


    U11/6/10(土)多摩小戦

    0

      ここは?!ドバイなのか?!

      いや、ニシイズミだったね  笑。

       

      というわけで、暑さと砂嵐に見舞われて試合のスタート。

       

      最初、早いリズムでボールをつなぐことができた。

       

      「お、攻撃のテンポ、いい感じ!」とびっくりした。

       

      けど、相手のプレッシャーもしっかりしていて、ボールを失い、相手の早いカウンターからの失点。が続いてしまった。

       

      相手の攻撃は加速していった。で、こちらはボールを失うことが多くなってしまい、ひとつひとつのプレイに、迷っていることが多くなってしまったかな。

       

      最初からいかないと難しくなるのがサッカーの試合で、つまり "戦わなきゃいけない" 部分。

       

      日本代表のハリルホジッチ監督が言う「デュエル」っていうのはこのことだね。

      ディフェンスの強さを最初から出していくのが大事だと、インターバルの時に、大きな声で伝えさせてもらった。

       

      「今日の相手つよい?」という質問が試合前に多くて「そんなの関係ないぞ!」とも伝えたね。

       

      どんな相手だろうと、最初から様子を見るような試合の運び方じゃなくて「本気でいく」というのがいつも出来るようにしていこう!JA予選は、そんなに甘くないぞ〜

       

      なかなか難しい試合になったけど、それも含めて練習試合だから、明日へつなげていこう!

       

      反省点と向き合って、修正していこう。

       

      ・シンプルに味方をつかってリズムをつくる

       

      ・ディフェンス面は最初から全力でいく

       

      ・走ってよりいいポジショニングでサポートする

       

      --------------

      多摩小戦

      ●0-2

      △0-0

      ●0-1

      以降集計なし

      --------------

       

      [賢吾]

      少しだけダイレクトプレイが多かったんじゃないかな。キツいとこに出して相手にひっかけてた。

      カンタンなところに、シンプルにシンプルに。ボールをつないで走る、で前のスペースで受ける、そんなイメージで取り組もう。

       

      [大和]

      セービングの反応、パントキック、かなりいいね。声も出てる。

      細かいポジショニングを直していこう。シュートされても触れる距離で立ってシュートに反応できるといいかも。

      あとはさ、、、つねに!!集中!!!w

       

      以上

       

      84


      U12/6/11(日)狛江春季大会 予選L

      0

        狛江春季大会 U-12の部

        予選リーグ

         

        《チーム目標》

        「0失点でいく」

        「パスをつなぎゲームを組み立てる」

          (相手チームよりボールを持ってる時間を増やす)

         

        --------------

        こだま戦

        ○10-0

        --------------

        リハウスリーグ時に、スタメンではない選手をスタート起用した試合。

        「スタートで出るのと、途中出場で出るのと、ゲーム展開は異なるから、開始から試合を組み立てる経験をどんどん積んでもらいたい」と伝え、選手のプレイぶりに集中した。

         

        --------------

        1FC戦

        ○1-0

        --------------

        クラブの3選手(大飛・拓海・綾乃)が相手チームとしての戦い。

        こういう対戦があるのも、地元大会の面白さだね。お互いに「負けたくない」という気持ちが強く出ていた。翼の強気なシュートが決まり、勝利を掴んだ。

         

        1FC戦では、決勝点を決めた翼!

         

         

        女子の東京トレセンに選出された朱音!男子に負けない力強さ・・

         

        《総評》

        ・目標通り、無失点で試合を終えることができた

         

        ・1FC戦は激しいゲーム展開になったが、先週までの試合よりも、パスをつなぎ組み立てることが意識できていた

         

        ・サイドを変え、相手ディフェンスの裏のスペースを活かせると、よりいい戦いになったと思う

         

        来週の決勝トーナメントに向けて、よい準備をしていこう!

         

        84


        U12/6/3(土)4(日)「戦いぬいて見えたこと」

        0


           

          日影の少ない西町グラウンド。暑い1日になりそうだと感じ、30分早く家を出て、クーラーボックスを積みました(←前日にやらないといけませんね 汗)。

           

          こういった試合の準備や調整を、各ご家庭でそれぞれが選手のために回っていて、それがチームをつくっていて、舞台に臨んでいけること、ひとつの試合にたくさんの人が関わっているのだと、最近思えるようになりました。

           

           

          前期のラスト2試合。

           

          順位の入れ替わりを目指した試合です。

           

           

          リハウスリーグ前期最終日

          --------------

          滝坂FC戦

          ◯5-1

          聖光2 翼1 有登2

          --------------

          若葉FC戦

          ◯2-1

          大飛1 聖光1

          --------------

           

          [有登]

          攻撃では❶シュート❷スルーパス❸ドリブルといった優先順位の判断がとても早い。特にシュートを狙っていることがいつでも見て取れる。ディフェンス面でも、手や身体を使った競り合いが出来てきている。春から明らかに成長が見えている。

           

          [朱音]

          前線のポジションで、得意の積極的な攻撃で相手を苦しめた。シュートを含めて、ひとつひとつの精度を上げる練習に努めてほしい。ついつい早くなってしまいがちなところも技術をつけることで緩急のバランスがとれて、顔が上がるはず。コンビネーションで相手を崩せるようにしていこう。

           

           

           

          多摩ワールドジュニア

          --------------

          ひばり戦

          ◯5-2

          大輝 聖光2 寿弥1

          --------------

          横川MYFC戦

          △1-1

          聖光

          --------------

          多摩平戦

          ◯1-0

          --------------

           

          [大輝]

          横川戦の幻のゴールは悔しかったね。ジャッジの波は、スポーツを続けている限り、ずっと続いていく。その波に飲まれるか、その波の上でやりきれるか、なんだよね。裏へ抜け出すスピードからのシュートは、絶対的な強さがある。身体をつかったキープや、落としのプレイが出来るともっともっとサッカーが面白くなっていくよ。技術に磨きをかけて、さらにいいFWを目指していってほしい。

           

          [翼]

          中盤のほうが合っている気もするけど、やはり守備での競り合いの強さは素晴らしい。「危ない」時の嗅覚もあるね。ゴールに戻ってヘディングでクリア、とか翼しかできないプレイがある。声も適切なタイミングでよく出ている。

          試合展開が激しさを増す、熱くなり、後からのロングボールがつい増えてしまうんだけど、そこを強い気持ちで落ち着けたのが横川戦。後ろから組み立てて、ポゼッションサッカーをしていこう。

           

          [拓海]

          西町のリーグ戦で強い気持ちがプレイに出せていた。DF時のポジションの取り方を習得してほしい。あるいは、ボールを保持しているのが相手になった瞬間にディフェンスに切り替わる頭をつけていこう。そのバランス感覚でさらにいいプレイができるはず!

           

           

           

          [総評]

          2日間で5試合を戦い抜いてくれてありがとう。

           

          クーラーボックスに氷が入っていることが嬉しい、そんな暑さの中で、しかも欠席者が多かったため、5試合すべて出場した選手にはおつかれさまと言いたいね。

           

          土曜日のリーグ戦では、初戦からハイプレッシャーで臨み、インターバルの少ない2試合目も、見事勝利を手にすることができた。まずは、その結果を手にしたことに「おめでとう」を共有しよう。

           

           

          美味しいデザートのよう

           

          ハーフタイムにも、試合後にも、いつも言い続けてきたことがあった。

           

          「中盤を省略(しょうりょく)しないで」と。

           

          勝ちたい試合では、ディフェンス時についロングボールを蹴ってしまう。クリアとスルーパスの意味が両方込められているそのパスは、食べ物で言えば、とっても甘くて美味しいデザートのようだ。

           

          実際にデザートを食べ続けたら、体がどう変化してしまうか?それはみんながよくわかっているように、サッカーでも同じことを例えられるんだ。サッカーが単調なものに、変化してきてしまう。

           

          激しさの中で、ディフェンスが中盤にボールを入れる、あるいは、フォワードの足元につなぐ、このプレイには相当の勇気が必要なんだよね。そして、顔が上がっていないと、そこを見ることができないし、また顔を上げながらボールを出していくには、足元に染み付いた技術も必要になる。だから、日常、ドリブル練習などをやっているわけだね。

           

          連戦となった5試合のおかげで、この課題がしっかりと浮き上がってくれた。夏場の試合には、もっとボールをつないで自分たちの時間をつくることが必要だとみんな感じたはずだから。

           

          自信が芽生えた

           

          新しいU12が生まれてから、2ケ月が過ぎた。

          そしていま、もう十分なほどに、試合への自信が芽生えたと思う。

           

          ここからは、自信が確かなものへつながるように、ひとりひとりがつながり合って、そして活きたプレイをできるような感覚を身につけてほしい。いま思っているよりも「このサッカー楽しい!」そんな思いを持たせたいと思ってる。だから、まだまだいろんな練習をしてもらいましょう(´ε` )

           

          まだまだ、ここからの戦いが楽しみで仕方ないな〜!

           

          橋口陽二郎

           


          U11/5/28(日)狛江春季大会 予選L

          0

             

            【狛江春季大会U-11】

            狛江市民G/橋口森
            ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
            SCUDETTO E
            ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
            5FC
            ○6-0
            楓士3 誠一郎1 大和1 航平1

            こだま
            ○4-2
            誠一郎1 喜之助1 大和1 楽人1(左足でシュート)
            ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
            ・・・・・大和・・・・・
            ・・・・・・・・・・・・
            誠一朗・・楽人・・喜乃助
            ・・・・・・・・・・・・
            ・・・楓士・和真・航平・
            ・・・・・・・・・・・・
            ・・・・・子龍・・・・・

            [SUB]
            煌眞 快    (俊)                
                            
            ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
            スタッフ総評
            ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

            初夏のような陽射しの下で、狛江市の春季大会が始まりました。東京でいちばん小さい市の、小さな大会。関わる人たちの密なサポートと、選手たちの試合に臨む姿勢、楽しい大会ですね。


            さて、この春から6月にかけて、平日の練習は、とても熱い気持ちへと着替えてきました。中から数名の意欲的な選手が、頭角を現してきました。

             

            「もっとイケるぞ!本気でやろう!!!」

             

            そんな言葉を連ねてきました。ボールの奪い合いを全力でいく、その繰り返しで、チームの体温が上がってきました。

            今大会は、そうして成長を見せてくれた選手たちの、発表のような大会です。緊張感を与えなくても、自分たちから発熱しているような集合は、試合へのよい入り方を予感させました。

             

            予感は、的中です。

             

             

             

            アグレッシブに陣形をとり、守備と攻撃の切り替えに努めていました。

             

            僕や勝哉が声を掛けることは、熱くなり過ぎて、ポジションや視野が狭くなってしまわないように、ということであったり、ディフェンスの狙いの考え方であったり、がほとんどでした。

             


            攻撃は、できれば自分の瞬時のアイデアから生まれていくのが理想であり、守備はコーチングで修正していく、これがこの年代にはベストなのです。


            結果は安定した戦いからの2連勝。

             

            僕がもっともよかったと感じたことは、ゴールを重ねても、集中力を落とさず、戦いを続けていたことです。

             

            勝利を欲しがる以上に、楽しいプレイを求めていたのでしょう。「オレのプレイを試したい!」そんな気持ちの表れでした。

             

             

             

            僕は最後に彼らに言いました。

             

            「これからの試合で勝つことも負けることもいっぱいあるよ。けど、その中で今日のように、自分たちのために最後まで力一杯戦うこと。それがいちばん大切なこと。次の試合も今日のように戦おう」と。

             

            初夏のような暑さは、体力や水分を奪っていきましたが、その空いたスペースには充実感が満たされていくようでした。

             

            向上心をもつことで、この喜びはすぐに渇きに変わるでしょう。

             

            決勝トーナメントの朝は、もう一度強くスパイクの紐を締めてくれるでしょう。

             

            夜に集まる理由が「祝勝」でありますように★

             

             

            ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
            今日のMVPは!!
            ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
            MVP 楓士

            準MVP 喜之助 和真


            ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

            以上!


            橋口陽二郎

            よければコメント入れてみて下さい\(^o^)/
            ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

            #2017年度 U15練習試合

            6

            U15 VS町田南大谷中学
            1-1

            『シュートのイメージ』

            ゲームの流れ、繋ぎ方、狙い所などがだいぶ整ってきたと思う!!

            次は相手ゴール前に来た時のシュートを打つイメージを持っていけると得点チャンスが増えると思うからそこを意識しよう!


            ・ワンタッチ目の体の向きが展開の方に向くようになってる
            ・サイドの準備が来てからではなく、来そうなタイミングから出来ていた
            ・長短のパスが多い


            ・シュートが少ない
            ・疲れた時に周りを見る準備をしなくなる
            ・同じミスを繰り返す選手が多々いる

            優秀選手
            ハルト→ビルドアップの時のポジションが、GKにとらわれず積極的に大胆なポジションを取れてた!裏のスペースのカバーも良くなってる!

            タイチ→普段では失う事が多かった体を張ったポストプレーだけど、この日はしっかり収めてからさばくところまで出来てた!少しずつこの回数を増やしていこう!
             


            #2017年度 U15Dリーグ

            0

              U15 VS VIDA (昭島市大神G)

               

              VS VIDA
              4-1 勝
              まる×3
              きっぺい

              『新しいフォーメーション』

              4-5-1の形を普段の鳥かごと同じ形にした、独自のスタイルを考案してからはじめての試合だったね!

              中にためてから対角線のスペースを狙うこの形は、やっぱりみんなのスタイルに合ってると思う!!

              サイドのオーバーラップの意識と、コンパクトに繋いでから展開するという意識を全員が強く持っていけるように普段からの練習の質を高めていこう!!

              悪↓
              ・やはりコントールが浮く、パスミスなどの技術ミス

              ・後半疲れて来ると中盤の守備が甘くなって来る

              ・まだサイドから上がって来る意識、対角線のスペースを狙う意識が足りない

              良↓
              ・足りないけども、少しずつ展開のボールが出てきてる

              ・もらう前に周りを見る動きが以前より増している

              ・サイドの要求する声が強く出てる

              きっぺい、けいた、くんぺいは出し手として、ゆうと、ともきは受け手として非常にロングとショートの使い分けや、オーバーラップの意識を強くなってると思う!!

              全員で共通の意識を持って、Tリーグに繋げていこう(^^)(^^)!!

              コウダイ今日はキーパーありがとーー!!


              #2017年度 U15選手権

              0

                U15 VS府中 府中関東村グランド

                0-3 負

                ・都大会の掛かった大事な一戦で、引き分け以上で確定する条件。

                失点しない事を大前提にセーフティに試合を進めて行こうと選手達に伝えた。

                結果的に0-3で負けてしまったけど、GKのりょうを始め、前線からプレスを頑張りハードワークしてみんな全力で戦ったと思う!!

                最後は守備に回ることが多くなっていたせいか、体力的にも攻めになった時に厚みがなく中々攻めきれなかった印象がある。

                でもここ最近、強いチームとやり続けてるおかげか、まだ少し慌ててる感はあるけどその中でもリズムを作ろうと繋ぐパスも出せる余裕が出てきてると思う!!

                 

                『変化ではなく、進化を』

                変えるのではなく、磨いて行く!!

                改めてその大切さを感じた大会でした!!

                この日はたくさんの応援の方々に来てもらっていたのに良い報告が出来なかったのは残念でしたが、また応援よろしくお願いします!

                ありがとうございました!!


                U-10 4/23(日)

                0

                  〈U10〉4/23(日)ハトマーク総評

                   

                   

                   

                  いよいよ2017年のハトマーク予選(よせん)がはじまりました!雨上がりでちょっと難しいピッチだった!(^_^;)

                   

                   

                   

                  けど、3戦3勝。目標どうりのベストな結果(けっか)をだせたね!

                   

                   

                   

                  決勝トーナメントは予選(よせん)を勝ち上がってきた相手との対戦(バトルw)。

                   

                   

                   

                  緊張(きんちょう)すると思うけど、だからといって、プレイが雑(ざつ)にならずに、よりしっかりと、とめる、ける、走る、をやっていこう。

                   

                   

                   

                  まずは、ふつうのことが、ふつうにできるように。

                   

                   

                   

                  そして、自分の好きなプレイがだせるように。

                   

                   

                   

                  次の試合も集中(しゅうちゅう)だ〜!!

                   

                   

                   

                   

                   

                  -------------

                   

                  2017年4月23日(日)

                   

                  関東村サッカー場

                   

                  D2グラウンド

                   

                  橋口コーチ/鈴木コーチ/千葉コーチ

                   

                  -------------

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  -----プレイ目標-----

                   

                   

                   

                  「ねばりづよくディフェンスする」

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  -----スコア目標-----

                   

                   

                   

                  「無失点でいく」

                   

                   

                   

                   

                   

                  -------------

                   

                  滝坂戦

                   

                  -------------

                   

                  ・・・・ 達士 ・・・・

                   

                  ・・・・・・・・・・・

                   

                  ・・将充・幹太・ 豪 ・

                   

                  ・・・・・・・・・・・

                   

                  ・・柊弥・陽斗・祐馬・

                   

                  ・・・・・・・・・・・

                   

                  ・・・・  楓  ・・・・

                   

                   

                   

                  [SUB]

                   

                  遼成・拓海

                   

                   

                   

                  3-0

                   

                  まさみつ1

                   

                  たつし1

                   

                  ごう1

                   

                   

                   

                   

                   

                  -------------

                   

                  千川戦

                   

                  -------------

                   

                  ・・・・ 幹太 ・・・・

                   

                  ・・・・・・・・・・・

                   

                  ・柊弥・将充・豪・達士

                   

                  ・・・・・・・・・・・

                   

                  ・・・祐馬・陽斗・・・

                   

                  ・・・・・・・・・・・

                   

                  ・・・・  楓  ・・・・

                   

                  [SUB]

                   

                  遼成・拓海

                   

                   

                   

                  6-0

                   

                  たつし2

                   

                  かんた1

                   

                  たくみ2

                   

                  ごう1

                   

                   

                   

                  -------------

                   

                  武蔵野一小戦

                   

                  -------------

                   

                  ・・・・ 達士 ・・・・

                   

                  ・・・・・・・・・・・

                   

                  ・祐馬・遼成・豪・拓海

                   

                  ・・・・・・・・・・・

                   

                  ・・・将充・幹太・・・

                   

                  ・・・・・・・・・・・

                   

                  ・・・・  楓  ・・・・

                   

                  [SUB]

                   

                  柊弥・陽斗

                   

                   

                   

                  2-0

                   

                  はると1

                   

                  たつし1

                   

                   

                   

                   

                   

                  -----Man of the Match-----

                   

                   

                   

                  ・大久保陽斗

                   

                   

                   

                  ディフェンスでの存在感(そんざいかん)がすごかった。そして、ボールをうばってから、顔を上げて、攻撃の選手にしっかりつなぐところが良かったな〜!

                   

                   

                   

                  ボールコントロールいいね。しっかりさいしょのタッチができると、相手が来ても落ち着いてパスすることができるね。

                   

                   

                   

                  無失点(むしってん)という目標(もくひょう)に大きく活躍(かつやく)してくれた!ありがとう!

                   

                   

                   

                   

                   

                  ・矢部幹太

                   

                   

                   

                  全力で試合のバランスを取ってくれていた。仲間(なかま)のディフェンスが上がった時は、そこに入っていたね。

                   

                   

                   

                  攻撃(こうげき)もいろんなやり方を見せた。サイドから仕掛(しか)けるドリブル。

                   

                   

                   

                  ディフェンスの裏に飛び込んでゴール。

                   

                   

                   

                  3試合目はディフェンスをしながら、ラストパスもねらっていたね。

                   

                   

                   

                  誰かのポジションをやるだけでなくて、仲間に声をかけて、しっかりポジションをとらせる、などもやっていこう!ありがとう!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  -----橋口コーチからのコメント-----

                   

                   

                   

                  ・表迫柊弥

                   

                   

                   

                  ディフェンスのときに、攻撃(こうげき)に参加したくてウズウズしていたね(笑)相手ゴールへの積極的(せっきょくてき)な姿勢が見れたのがすごくよかった。

                   

                   

                   

                  8人制サッカーは、攻めも守りも頭を使い分けていけるといいから、攻守(こうしゅ)のきりかえもマスターしていこう!(8_4)/

                   

                   

                   

                  ・牧将充

                   

                   

                   

                  タッチがしっかりしていて、安心して見れた。3試合目のディフェンスもこれまたなかなか上手かった!シュートのこぼれをねらう動きがよかった。

                   

                   

                   

                  MFをやった時にディフェンスもいけるようにしていこう〜!

                   

                   

                   

                  ・田中豪

                   

                   

                   

                  攻撃時(こうげきじ)の判断(はんだん)の良さが光っていた。空いている選手を上手につかっていた。また、タッチがしっかりしていて、相手に囲まれていても、落ち着いてキープできていた。シュートもしっかり打てていた(^O^)/

                   

                   

                   

                  ・山口達士

                   

                   

                   

                  サイドからの浮き球にミートする上手さ(*_*) そして、こぼれ球への反応の早さ。すごいね〜。フォワードとしてのプレイをしっかりこなしていた。次も点に絡(から)めるように、よろしく〜!

                   

                   

                   

                  ・藤本祐馬

                   

                   

                   

                  ディフェンスの時の強さが頼もしかった!はるとのカバーリングの早さがすごくよかった!奪ったボールをつないだり、ドリブルできるようにしてみよう!

                   

                   

                   

                  あと、さいきんは練習から、いい声がでてるって、いろんなコーチが言っているよ。ありがとう!

                   

                   

                   

                  ・堀田楓

                   

                   

                   

                  ボールが来ない試合もあったけど、その後も、しっかり集中していて、横(よこ)っ飛(と)びのセーブなんかは「お!さすがゲンタコーチに教わってるだけあるな〜!」とびっくりした!

                   

                  攻めたりもしたいだろうけど、ハトマークはキーパーに集中(しゅうちゅう)でおねがいね!(*´∀`)

                   

                   

                   

                  ・石本遼成

                   

                   

                   

                  ボールを受けた時にしっかり周りを見ていて、ボールを放していた。3試合目はスタートメンバーで、いろんな場面でナイスな関わりを見せていた!

                   

                   

                   

                  ・丹沢拓海

                   

                   

                   

                  ミドルシュートがナイスゴールだった!それも2得点!

                   

                  ディフェンスでも試合ごとに強さが出てきていた。ボールを受けてから自信をもってドリブルできるともっとよくなるね!(・∀・)

                   

                   

                   

                   

                   

                  では、また!

                   

                   

                   

                  SCUDETTO橋口


                  #2017年度 U15選手権

                  0

                    U15 VSバジェーナ 府中関東村グランド

                     

                    6-2 勝
                    こうだい
                    ともき×2
                    ゆうと
                    まる

                    すごく引いて守るチームだったので、前からプレッシャーは少なく割と余裕を持ってプレー出来た試合だちょったと思う!

                    がしかーし!!

                    開始2分も経たない内に、相手選手のロングシュートが風に乗って絶妙なコースに伸びていき失点した…

                    シュートを打たれるという事はこういうことである。

                    今日はたまたま得点チャンスを多く演出できたから良かったものの、これが次週の府中との試合だったと考えると、この1点で0-1負けの可能性は充分に考えられる!!

                    ここを締めて試合に入るのが次の試合への準備の一つだと思う!!

                    しかし今日は、ようやく少しリズムの良いボール回しが出来てきたね!!

                    マルやトモキ、クンペイの対角線へのロングボールも、ユウガ、ユウヤからの裏パスなど長短を交えつつサイドのトモキ、クンペイの攻撃参加も魅力的だった!

                    少しボランチ同士の距離感が遠くなっている分、ボランチ同士のパス交換が少ないのはこれから改善していこう(^^)!!

                    後はとにかくパス、コントロールの精度!
                    ショートパス3本に立ち戻り、府中さん相手にも怖がらないでパスを繋いでいこう!!

                    絶対に勝ってリーグ1位で次に行こう(^^)

                    MVPユウガ
                    トモキのオーバーラップを活かすパス、自身のドリブル、そして何より『スイッチの入った縦パス』を効果的に入れ続けたユウガのプレーはチームに良いリズムを作ってくれたと思う!

                    今日も応援ありがとうございました!
                    来週絶対に上位決めましょう!
                    一緒に戦ってください(^^)



                    ABOUT SCUDETTO


                    GROUND


                    #調布市立染地小学校


                    #狛江市西和泉グラウンド



                    CONTACT

                    SCUDETTO OFFICE

                    080-4111-8473

                    info@scudetto1996.com

                    事務局:橋口







                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    • U11/5/28(日)狛江春季大会 予選L
                      匿名
                    • U11/5/28(日)狛江春季大会 予選L
                      ハシグチ

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM