スクブロ

#2016年度 U14フレッシュカップ

0

    U14 VSジャクパFC (三菱養和巣鴨G)

    5-1 ○

     

    13分 CKからのこぼれをマル
    27分ゆうが→こうだい
    42分こうだい
    54分マル→こうだい
    58分イモ役者ともなりPK(笑)

    ・ジャクパさんは球際の厳しいディフェンスから奪ったボールを嫌な所に入れてくる厳しさとうまさのあるチームでした。

    前半の最初の方はそのプレッシャーの早さと厳しさから何度かピンチになるシーンがありました。

    重ねて、試合に入りきれていない選手のなんでもないボールをミスしたりといい流れで始まったとは言えないスタートでしたね。

    しかし、オフサイドにも助けられてなんとか0点で抑えてた時のCKからマルの得点。

    これは流れを変えるにはとても良いタイミングのゴールだった。

    GKりょうも体を張ったセービングでいくつもピンチを防いでくれて、今日のMVPはりょうに上げたいと思います!(何にも出ないけど笑)でもホントに助けられましたねあのプレーには( ???)

    そこから早田さんとで守備陣に声をかけ続けて最後の方は常に周りを意識したポジションを取れるようになってたのも良かったです!!

    改善点
    1.試合開始直後の致命的なミス
    バックラインがここの緊張感がまだまだ足りないのを感じたけど、最後は少し意識の仕方がわかって来てる感じはあるので、整えていこう!

    2.中盤の守備の意識とバランス
    奪われた瞬間から始まるディフェンスは切り替えの早さとポジションの取り直しが大事なのでそこを頭に入れる。

    3.球際の引きどころと押しどころを判断する。
    待たなきゃいけない所を突っ込んでしまう、もっと強く行かなきゃいけない所を引いてしまう。自分で奪える距離感をつかめるようになってくると曖昧なボールをしっかりマイボールに出来る機会が増えてくるはず!!

    良かった点
    1.1人に対して複数でディフェンスに行ける機会が多くなって来てる!
    このディフェンスが出来ていたから取りきれるシーンが多くなったと思う!

    2.攻撃のバリエーショの豊富さ。
    これは前々からも言ってますが、サイドから、ロングボール、縦の裏パス、実際今日の試合もセットプレー、縦への裏パス、ロングボール、サイドからのクロスが多々見られ、非常に面白い攻撃だった。

    3.ベンチの選手達が試合に対して声かけしている。
    前までは熱に差を感じていたベンチと出場選手でしたが、最近の試合ではベンチから選手達が声をかけるシーンを多く見るようになり、試合に出ていなくても熱い思いを感じるようになりました!

    次の田口さんは恐らく1番の強敵ですが、ひるまずチャンレンジ精神で戦いましょう!!!!

    本日も応援に来て頂いた保護者の皆様ありがとうございました!!

     

    スクレンジャーおが……


    #2016年度 U14フレッシュカップ

    0

      U14 vsレッドスター (清瀬内山G)

      3-1 ○

      キッペイ
      マル
      コウダイ(CK直接)

      『開始10秒の流れ』

      ・前回のレッドスターさんとの試合は1-4の敗戦。後半に明らかにフィジカル的な差と、プレーを選択する優先順位のズレ。

      選手権全敗というところから、どこまで成長出来ているのかを確認するにはこの上ない対戦相手でした。

      相手キックオフから始まった直後、後ろに下げたボールを相手選手がミスをして、アプローチをかけていたスクデットの選手がボールを奪いいきなりチャンスに。

      今日の試合はここで決まっていたのかも知れない。(結果が出た今だから言える事ですけどね笑)

      そこからのスクデット選手のアプローチの厳しさは過去で1番良かったかも知れません。

      FWが限定したパスコースに対して、MFの選手がインターセプト、あるいはコントロールする相手選手に対して厳しいディフェンス。

      相手ボールのほとんどをここで奪い切る。
      高い位置で奪ったボールは少ないタッチでシンプルに展開され両サイドからの攻撃に厚みを持たせる。

      特にキッペイとケイタのディフェンスは、相手選手がどういうプレースタイルなのかを試合の中で見極めながら対応をしていて素晴らしい判断だった!!

      マルも最終ラインのコントロールからカバーリングも非常に集中していていつも以上に頼りになるプレーでした!!

      とにかくこの試合は守備の切り替えが非常に早くて全体的に守備の良さが目立った。

      しかし攻撃のバリエーションも目を見張るものがあった。

       

      両サイドからの攻撃はもちろん、
      真ん中からダイレクトパスで崩す。
      それに加え、今日はバックラインからのロングボールがとても有効的に使えていたと思う。

      今まではバックの選手が最終手段のような形でロングボールを使う事が多かったが、この試合ではリズムの中でロングボールを配球出来ていた。

      良いリズムから配球されるロングボールは人工芝ということもあり非常に質の高いボールだった。

      相手ゴール前まで行けば、ユウガの柔らかいパス、ケイタの相手の狭い間を通す縦パス、最近ではそれらのパスに対して周りの選手も同じイメージを共有できるようで、キッペイ、コウダイ、トモキなど攻撃の中心選手達が絡んで来ると更に楽しい攻撃になる。

      今日勝ったことで1位通過が決まったので、これから更に上のステージでも通用するかが課題になるでしょう!!!!

      でも今日は単純に!
      リーグ全勝で1位通過出来た事がホントにホントに嬉しい限りです!!(笑)

      今日もこの強風の中応援に来て下さった保護者の皆様、ありがとうございました!
      またまた後審でろくに挨拶出来ずに申し訳ありませんでした……汗

      とにかくぅ?……
      やったぁぁぁぁ(^○^)!!!!(笑)
       


      #2016年度 U14フレッシュカップ

      0

        U14 VSラッフル (瑞穂第二中G)
         

         

        2-1 ○

        7分ユウヤ→キッペイ
        33分コウダイ→マル
        35分失点

        前半センタリング数
        右3本
        左5本
        計8本

        後半センタリング数
        右0本
        左2本
        計2本

        『一つの方法として』

        雨によりグランドコンディションが悪い中での試合。

        勝ち越している状況ではあったが、後半はセンタリングの数からも、終始押し込まれている状態。

        後半に入った選手は先発の選手より早い運動量の低下、押し込まれた原因は、明らかにここで戦えなくなったのは否定できない。

        途中から入る選手には先発の人達以上の熱と気持ちを持って入らないと、試合に入り切れず難しい内容になってきてしまいます。

        この試合は色々な条件からピリピリした少し荒れた試合になっていてより難しかったかもしれない。

        時間稼ぎなどちょっとズル賢いようなプレーも戦略的に一つの方法ではあります。

        Gンタコーチのあのような時間稼ぎはやめましょうね?笑

        しかし昨日のような試合も経験値としては大切な試合になったと思います。

        うまくいかない試合でも勝ち切れる。
        リーグの通過は決まったので、これからもっとレベルの高いチームになり、難しい試合も増えてくると思いますが、昨日の試合を糧に頑張りましょう!!

        とは言え、ゴールシーンはどれもテンポの良いリズムからの14らしいナイスゴールでしたよ(^^)

        雨の中応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました!!後審だったのでまともに挨拶出来なくて申し訳ありませんでした!(>人<;)


        #2016年度 U14フレッシュカップ

        0

          U14 VS IPD(瑞穂第二中G)

          4-1 ○

          22分 ハルキ、キッペイ
          30分マル、コウダイ
          37分ケイタ
          55分カズキ

          『要求できる喜び(指導者として)』

          ナイターの試合で、夜には雪が降ると?!
          確かにとても寒い気温での試合になりましたねぇ?(>人<;)

          寒い中での試合はウォーミングアップのタイミングが非常に難しい所であります、、、。

          長くやると無駄に疲れてしまうし、短いと体が温まっていない。

          早く終わると待機時間で体はすぐに冷えてしまうし、遅いとメンバーチェックに間に合わない(笑)今後の自分の課題ですね、、、。

          しかし試合の入り方はとても良い形で入れていたと思います!!ファーストシュートも中々の精度でウチが打てたし、前半からポゼッションのリズムは掴めてたと。

          サイドチェンジの多様、ショートパスからのスピードの変化、左ハーフのハルキと右ハーフのコウダイがボールを触る機会が非常に多かったのが印象的でした。(ゴールに絡むようなシーンで)

          ここまで流れが作れるようになり、こちらとしても今までより『こだわった部分』の要求が出来るようになったと実感しました!

          ・ボールキープの際の手の使い方
          ・パスの1歩の精度、受け手の1歩の角度
          ・コントロールの向き
          ・攻撃のセットプレーの入り方

          などなど、細かい事をあげたらまだたくさんありますが、チームというより『個』の能力をあげていく段階に入りつつある気がします!

           

          チームとしてのベースが出来てきた証拠ですね(^^)(^^)嬉しい事です!!

          次の課題はディフェンス面ですね!

          ・最終ラインの上げ下げ
          ・サイドバックの攻めのポジション、守りのポジション
          ・相手のロングボールに対しての動き

           

          この辺は対応出来るように練習からまた頑張っていこう!!(^o^)

          フレッシュ連勝!ナイスゲームでした!
           


          #2016年度 U14フレッシュカップ

          0

            U14 VS東京小山FC(瑞穂中学校グランド)

            4-0 ○

            えんちゃん
            はるき
            ともき
            こうだい

            『時を経て』

            選手権全敗。

            ここから始まった選手権という大きな大会。

            そしてその参加チームとまた戦える機会になったフレッシュカップ。

            初戦の試合。

             

            期待しかなかった。
            自分で言うのは疑問に思うが、選手権全敗。
            失う物は何もなく、ここ最近の急成長を見ていると期待しかなかった。

            試合開始から、体の準備は出来ていたものの、心の準備が難しい。

            試合は毎試合、初対面の人に会うような感じで、どんなチームなのか、自分の今日のコンディションは、グランドの状態は、同じ試合は1つとして存在しない。

             

            そしてその準備というのは試合が始まり、体感してみないとわからない。

             

            その準備時間が『開始から約10分』
            (試合の時間にもよりますけど)だと言われてます。

            その準備が整うまではどういうプレーを選択しないといけないか、これが整うともっと安定したゲーム運びになったと思う。

            試合を重ねて経験値を積んで、自分なりの入り方を見つけて欲しいと思う。

            ……でも……

             

            それはまた今度から頑張るとして、今はこの試合の勝利を素直に喜びましょうーーーー(^○^)!!(笑)

            もうホントにホントに嬉しい一勝でした!!泣

            ハルキのスーパーゴール、
            ユウタのインターセプトからの繋ぐセンス、
            クンペイの安定感、

             

            キリがないのでこの辺にしておきますが(笑)ホントにナイスゲームでした!!

            最近はホントに意識の高いプレーと、熱さを感じる試合ばかりです!!泣喜

            終わった後も思わず保護者の方々に『やったーーーー!!!!』と、素直にぶつけてしまいした。(笑)

            総評というより喜びをぶつけたい感じになってしまいましたけど許してください?(笑)

            最近の総評で、『しろま』って入れると、予測変換で『○』が出てくるようになりました(^○^)(笑)小さな幸せです!!

            今試合も、遠くて遅い時間の中応援に来てくださって保護者の皆様、ありがとうございました!!!!
             


            #2016年度 U14練習試合

            0

               


              U14VSアンビシオン戦   (東京経済大学G)



              ともき2
              きっぺい4
              かずや1
              ゆうせい1
              まる1
              ゆうが2
              はるき1

              合計12-2 ○

               

              『点数よりも大切な事』

               

              とても良い天気と、人工芝のきれいなグランド。点差もさる事ながら、このピッチコンディションがまず『快勝』の快の字を表しましたね!(^ ^)

              今日の練習試合は、参加メンバーが少ない中で(14人)30分×2+40分というハードな内容でした!!

               

              でも今日はこのハードな条件が選手達の『ホントの姿』みたいな物を見せてくれる良い機会になったと思います!!

              良い部分の姿

              その1『ハードな運動量』

              まず単純に試合時間が長い(笑)
              いつもやっている厳しいアプローチを意識しながらこの時間の試合をすることは容易ではないが、以前より確実に長い時間プレッシャーをかけ続けられていたと思う!!

              その2『全員の意識が統一されてきた』

              ボールを要求する姿勢、ボールを持ってる時にかける声が自然と出る(奪ったボールをどうするか、どっちのサイドにボールを持っていきたいかなど)これが大多数の選手から出た来るようになり、意識が強くなってるのを感じる!!

              悪い所の部分

              その1『プレーに粗さが出る』

              ホントに疲れてきた時に、パス1本、トラップ1つでも明らかに雑になる(適当になるというのが正しいか?!)疲れた時のそういう質の低下は仕方ない部分もある半面、より丁寧にならないとボールを失いまた守備に走るといった体力の消耗に繋がる。

              その2『手を抜く優先順位』

              僕も含め、試合はやはり攻撃が楽しいと思う!(笑)でもやはり攻めた選手が攻めっ放しで終わってしまい、守りに力を注げないシーンが目立った。体力の消耗が激しく、なおかつ今日のように勝ってる試合の場合、どちらに意識を強く置くかの優先順位を判断できると、試合の運び方としては更に良し!!

              しかし今日の試合は、普段あまりゴールに絡まない選手が相手ペナルティ内に何度も進入していく、

              言われた動きを意識して、足がつるまでそのプレーを続ける選手がいた、

              熱さあまり感じない選手だった子が、相手のユニホームを引っ張ってでもボールを取りにいく(ファールはダメよ?ww)

              そんな選手達の、本気でやれば出来るという事、そしてその本気が徐々に出始めてるという事、これが今日の試合で感じた『彼らのホントの姿』なのかなーって思いました!!

              こういう姿勢で毎回試合に臨むことは、大量得点よりもとても大切な事だと強く感じました。(あ、もちろんこの大量得点も素晴らしい事だよ??(笑))

              終わった後の選手達はボロボロだったけど、とてもキラキラ眩しい光を感じました!!!!
              ホントに今日はお疲れ様でした!!
               

               

              ps.前にやった試合では1-0で辛勝した対戦相手でした!!
               


              #2016年度 U14三多摩リーグ

              0

                U14三多摩リーグ
                VSサンクチュアリ

                4-2 ○

                10分きっぺい→けいた
                15分ともなり→けいた
                23分ゆうが→れん
                40分きっぺい→ゆうが

                13分失点
                20分失点
                『試合の中での成長』

                昨日に引き続きの連戦。

                昨日とは違い、前半のキックオフからあやわ失点かと思うプレーの甘さ。

                このスタートの時点で試合に入れてる人と、入れていない人の差が出た立ち上がりだった。

                相手チームは昨日より身体能力の高いチームで、体の強さ、スピードは1対1では中々勝てない差があった。

                そういうチームに出鼻をくじかれてしまうと、『強い相手』と頭で思い込んでしまい、弱気なプレーが目立ってしまう。

                攻撃のリズムは決して悪くなかったので、前半10分に先制点!!!!

                ……しかしその3分後の前半13分に失点。泣

                何でもないロングボールの処理ミスだった。

                しかし攻撃のリズムは良くなる!!!!笑

                流れの中からの良いゴールで追加点、点を取る力がついてる事を実感する!!

                ……5分後の20分に同じミスから失点。泣

                ここからがとても良い展開になった!

                ・ディフェンスの意識が高くなる(カバーの選手がハッキリ出てくる)

                ・中盤で、相手1人に対して2人で取り切る(運動量の増加)
                 

                 

                元々攻撃のリズムは悪くなかったのでここの改善がされてからは失点を匂わせるシーンは激減し安心して見ていられた!(笑)

                今日最大の収穫は、それらの改善が『試合の中で行われた』ということだと思う!!

                特にきっぺいとけんしんの運動量と献身的なプレーは、1試合を通して素晴らしいものだった!!

                もちろんミスなどはしないに越したないが、してしまった現実に対して『言い訳』ではなく『改善』で見返してくれた選手達にこれまた成長を感じる!!!!

                次からはこの失点をしないように、最初からこの準備が出来るようになると失点の減少に繋がるかなーと!!

                そして、何より昨日から重ねてきた得点が全て、相手のミスからではなく自分達のポゼッションから生み出したゴールなのが、攻撃のリズムと制度が上がってきた証拠だと感じました!!

                p.s今日も応援に来て頂いた保護者の皆さん、シュートはキーパーのいない所に打つという事は指導してるんですけどね?!爆笑)

                応援ありがとうございました!!
                 


                #2016年度 U14三多摩リーグ

                0

                  U14三多摩リーグ

                  VS鶴牧SC
                  3-0 ○

                  きっぺい
                  ともなり
                  けんしん

                  最近のU14のテーマ、『戦う』

                  ・ヘディングの競り合い
                  ・ルーズボールを自分達のボールにする
                  ・球際のぶつかり合いに負けない(取り切る)
                  ・運動量

                  その他細かい所もありますが大きくまとめるとこんな所です????

                   

                  最近の試合は他のカテゴリの練習だったりと中々見れてなかったんですが、紅白戦を見るだけでも感じてました。

                   

                  『変わってきてる』

                   

                  もちろん良い方向にです!(笑)
                  プレッシャーのスピード、
                  予測して動き出すディフェンス、
                  今強く意識してやってる部分が明らかに体現されつつあります。

                  その流れから今日の試合。

                  早い時間に失点をしてしまい、先制点を与えてからスタートの試合が多かった。
                  しかし、試合前のミーティングでみんなにいかに気持ちを入れて試合に入る事が大切か再確認してスタート。

                  前までは繋ぐ事の意識が強過ぎたせいか、ディフェンスラインでのボール回しから失点する事が多かったのに対して今日は、危険なゾーンではシンプルにプレー、高い位置に入っ時は中盤に当てて出て行くプレー。
                  優先順位の判断が整って来たと感じました!

                  インターセプトの回数が非常に多く見受けられた!予測してディフェンスにいけてる証拠だと思う!この辺はいかに継続していけるかが大事です!!

                  *今後の課題

                  1.より高い位置でポゼッションする
                  今日の試合はおおよそ7:3くらいで我々がボールを持ててたと思う。
                  でもこれはディフェンスラインで回す機会が多いポゼッションだったので、これがハーフライン、あるいは相手コート内で出来る様になるとよりゴールが見えてくるかな?。

                  2.サイドの選手がボールを引き出す
                  ボランチに当てるベースが出来てる次は、いかにサイドの選手がそのボランチからボールを引き出すかが重要になります!
                  裏でもらうのか、足元でもらうのか、自分はもらわないけど味方のためにスペースを作るのか、などなど。
                  どのようにもらうかは自分のインスピレーションを試しながら、自分のスタイルを作れれば良いと思います!

                  明日も試合があるので、今日の事を参考にしながら少しでも意識したプレーを期待します!!

                  久しぶりに失点0で試合を終えたぁ??( ^ω^ )(笑)

                  p.s今日応援に来て頂いた保護者の皆様、シュートは練習不足なのでこれから取り入れたいと思います(笑)ありがとうございました!
                   


                  #2016年度 U14選手権

                  0

                    U14選手権
                    対CSA戦

                    前回の試合を見て、今年の選手権同リーグで1番面白いサッカーをすると感じたチームがCSAさんでした(°_°)!!

                    短いパスを繋ぐ高いポゼッション力から、たまに魅せる効果的なロングボールの使い方。

                    このチームに対して同等レベルに戦うには絶対的に、相手のパスを限定させてインターセプトを狙う事が必要だと思いました!!

                    今日の試合は早田コーチも応援に駆け付けてくれて、今の3年生の経験からその戦い方(限定させて予測してボールを奪う)がいかに大切で効果的である事を肌身に感じ続け、今日はそれを2年生に還元してくれる形にもなったかなと!

                    しかし試合は中々うまくは行かず、最初は防戦一方で何度もゴールを脅かされて(°_°)←こんな顔になる事がほとんどの時間を占めました…。

                    ベンチからの厳しい声掛けで少しずつ動きに変化は出始めてると感じた時には……

                    選手達の電池切れが見え始め、前半残り3分という所で甘くなったデフィンスからフリーの相手選手に強烈な1撃をくらい先制点を許してしまいました。

                    後半も限定からの予測、そこで奪う形を作りたいものの、体力の消耗が著しくまったくマークにつききれていない……。

                    ……

                    しかし足りないものが明確にわかったからこそ、選手達には何が必要かを伝えるには大切な一戦になった事は間違いない!!

                    サイドバックのスバルは1試合を通して常にカバーリングとマークの受け渡しを意識的に行っていた。

                    これはチームにとってとても大切なプレーだと思う。

                    ボランチのコウキは体力的に厳しい場面でも運動量を上げてマークに必死にくいついていた。

                    これらのプレーがしっかり結果に結びつくように1人1人の選手が高い意識をもって今後の練習に取り組んでいければと思います!!

                    厳しい声掛けになる事もあるけど、それだけ大切で意識的に取り組んで欲しいという事なので、頑張って欲しいです!!!!
                     


                    #2016年度 U14練習試合

                    0

                      8/19 練習試合
                      vs GABE 試合総評

                      30分×5
                      ① 1-0 こうだい(ともき)
                      ② 1-0 ゆうが(えんちゃん)
                      ③ 1-1 まき(ゆうが)
                      ④ 0-7
                      ⑤ 0-2

                       

                      総評
                      今日のテーマは、合宿で取り組んだ「前からのプレス」「サイドチェンジ」だった。試合が始まると、後ろからの的確なコーチングと高い運動量で全員がいいプレスをみせ、ともきのボール奪取からこうだいの先制点が生まれた。1、2本目までは、高い集中力といい声かけでゲームを支配できていたと思う。しかし、4本目以降は目に見えてはっきりと運動量が落ち、ほぼ自分たちの思い通りの試合ができなかった。しかし、実際の試合時間である30分前後半はいい動きをできていて、相手よりも交代人数が少なかったことを考えると、今日は1、2本目の内容の伴ったサッカーができたことがいい収穫になったと思う。
                      課題としては、前線にプレスをかける時、また逆サイドにボールがあるときのディフェンスラインでのマークの受け渡しができていない場面が多く見られた。お互いに声をかけ合いながら、堅実なプレーをできるようにしよう。
                      次戦でも、今日のような盛り上げる声とプレスを続けて欲しい!
                       



                      ABOUT SCUDETTO


                      GROUND


                      #調布市立染地小学校


                      #狛江市西和泉グラウンド



                      CONTACT

                      SCUDETTO OFFICE

                      080-4111-8473

                      info@scudetto1996.com

                      事務局:橋口







                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • U11/5/28(日)狛江春季大会 予選L
                        匿名
                      • U11/5/28(日)狛江春季大会 予選L
                        ハシグチ

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM